玉井 昂成

玉井 昂成

研究テーマ

 イスラーム経済と近代資本主義経済における正義の概念の比較とその研究

研究内容

 最近のコロナウィルスのパンデミックによってますます拡大する国際的な所得格差は、現行の資本主義の社会の底部に位置する人々へのケアが不十分であるという欠陥を如実に露呈しています。健全な経済成長は社会的所得の分布が均等であることが重要ですが、イスラーム経済システムは資本主義的側面を持ちながら同時に強固な社会生産の再分配システムを保持しています。そのため、資本主義に対して有力なオルタナティブ足り得るのではないかと注目を浴びています。以上を踏まえて、私の研究のテーマとはイスラーム経済の、分配の公平性を決定する社会正義の研究と、それの国際社会における実践の模索することです。

 

pagetop